POSレジ

なぜPOSレジにした方がいいのか

タブレットを操作する従業員

店舗ではレジでお金を管理しています。そしてレジには2種類あり、その違いがあまりにも大きい事をご存じでしょうか。レジスターとPOSレジという2種類もレジは前者の場合はレジに買ったものと値段が記録されて、後者はクラウド上に情報が記載されます。記録されるなら同じではないかと考えるかもしれませんが、POSレジのようにクラウド上で管理させるという事は、情報共有が容易に出来るという事です。本部でも売れ筋をすぐに把握する事が出来ますから適切な販売アドバイスも送れますし、戦略も練りやすいです。少し前までのPOSレジは大規模な接続をするとシステムが落ちてしまうというトラブルもあったのですが、堅牢なシステムで広範囲に接続しても問題がないものが多くなりました。導入をためらっていた店舗も安全快適なシステムが登場した事で、導入に踏み切る所が多くなっています。他にもレジ操作が簡単という点も見逃せません。端末操作は初心者でもスマートフォンやタブレットを扱うような感覚で操作出来るので、トレーニングコストも大幅に下げる事が出来ます。他にも価格設定があらかじめ出来るので、打ち間違いもなくなり、レシートと伝票発行枚数も簡単にチェックできて売り上げ計算も自動でしてくれますからすぐに現金と照合出来ます。

ピックアップ

棒金

導入しやすく店舗業務の改善に役立つPOSレジ

小売店ではお会計をする際にレジを使うことが多くありますが、販売データなどをその場で集計することのできるレジとしてPOSレジがあります。…

詳細を読む
スマートフォン決済

POSレジならレジ締め業務の負担軽減!現金残高を数えるだけに!

飲食店の経営者や管理者で毎日のレジ締め業務に負担を感じていませんか?レジ締めを行うためには、先ず売上情報が必要になります。特に紙とペン…

詳細を読む
レジスター

POSレジの導入で効率的な店舗経営を

店舗を経営はしているものの、売り上げが思ったように伸びないという悩みはよくあるものだと思います。しかも、売り上げが不振である原因を自分…

詳細を読む
タブレットを操作する従業員

なぜPOSレジにした方がいいのか

店舗ではレジでお金を管理しています。そしてレジには2種類あり、その違いがあまりにも大きい事をご存じでしょうか。レジスターとPOSレジと…

詳細を読む